BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お肌
  4. 緑区エステがお伝え『お肌の知識』と『肌質変化』

緑区エステがお伝え『お肌の知識』と『肌質変化』

こんにちは(^ ^)

エステティックプリモです☆

少しずつ涼しくなり季節が変わりはじめてきたこの頃…

この時期気になるのが、紫外線によるお肌のダメージです。

今回はお肌の知識を勉強していきたいと思います。

【お肌の知識】

皆さま、お肌にはさまざまな役割があるのはご存知でしょうか?

まずはお肌の知識、肌質の変化に注目していきたいと思います。

①保護膜

紫外線や化学物質などの異物が刺激になったり、体の中に入るのを防ぎます。

体内の水分が不足しないように働き、皮膚の水分量を保つことをしてくれます。

②熱交換器

体温を37度近くに保てるように、熱の放質量を調節します。

多く放出する必要があるときは、汗を出します。

寒いときには皮膚の毛細血管を収縮させて熱を逃さないようにします。

③センサー

感覚受容器で触、圧、痛、温、冷などを捉えて中枢神経に伝えます。

これがトリートメントのときに心地いい、化粧品の使い心地などに影響を与え、皮膚感覚を生み出します。

④鏡

体調の良し悪しや健康の度合いを表します。

『お肌は三面鏡』といって、お肌が体調、精神面、日々の生活を映し出すという言葉もあります。

ここまでがお肌が保つ4つの役割になります。

 

次はお肌を支える皮膚の構造です。

皮膚には

表皮、真皮、皮下組織

の3層があります。

表皮は、基底層の細胞が約1ヶ月ごとに生み出すお肌の生まれ変わり

『ターンオーバー』

で維持されます。

真皮は線維芽細胞によって生成、維持されるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などから成り立っていて、表皮への水分供給にもなっています。

【肌質の変化】

「紫外線」「寒気」「乾燥」などの環境の変化も、お肌にたくさんの影響を与えています。

「加齢」「精神的ストレス」などと心と体に関係する要因をおさらいしていきましょう(^ ^)

【加齢】

加齢によって細胞や組織の衰え毛細血管の萎縮が原因で血行が悪くなり、代謝の低下に。

ニキビ以外のお悩みのほとんどが乾燥、しみ、しわ、たるみ、毛穴の目立ちは加齢とともに増える傾向があります。

【リズム】

月経時はエストロゲン(女性特有の体を作る。)、プロゲステロン(妊娠時に重要な働きをする。)の分泌が減ることで

お肌はデリケートになっています。

そんな時は乾燥や肌荒れが起きやすくなります。

【精神的ストレス】

ストレスがあると、自律神経系、内分泌系、免疫系から全身にさまざまな影響が出ます。

血行不良により栄養不足が起き、肌では乾燥、肌あれ、くすみ、くまが出やすくなります。

精神的ストレスがあらゆる肌悩みを引き起こすことがわかっていますよ。

【胃の不調】

ストレスを受けたりして交感神経の働きが活発になると、胃腸の働きが抑えられます。

胃腸が不調になると、食べ物の消化吸収が不十分になり、体調が崩しやすくまります。

そして胃腸の不調は便秘につながり、肌にもなんらかの影響があると考えられています。

【生活習慣】

偏食や喫煙、過度のアルコール摂取、運動不足や睡眠不足といった生活習慣は内側から直接の悪影響の。

紫外線対策不足は、お肌老化の一番の原因になりえます。

洗顔不足なども、毎日のこと。

これらは、お肌にさまざまな悪影響があると言われています。

お肌をキレイにするためには、生活習慣とスキンケアがやはり大切です^ – ^

ただ、女性には女性ならではのホルモンバランスの変化で、お肌の状態がよくならない時もありますが

『睡眠』『栄養』『習慣』

とコツコツ継続してキレイな肌を目指しましょう☆

 

読んでいただきありがとうございます。

いつもありがとうございます。

 

 

 

よろしければコチラもご覧くだい☆睡眠時間・お肌について

 

インスタグラムはこちら☆

 

 

– この記事を書いた人 –

親方☆について

エステティックプリモ鳴子
親方

・エステ・脱毛専門エステティシャン
・名古屋市緑区のエステプリモ

 

脱毛・エステの予約はこちらから♪

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事