BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日常
  4. 【豊明近くのエステがお伝えする、夏バテ対策!その1!】

【豊明近くのエステがお伝えする、夏バテ対策!その1!】

みなさまこんにちは!

豊明市からも近くのエステサロン、エステティックプリモです(^ ^)

みなさまのキレイを日々お手伝いさせていただいております。

ボディーエステやフェイシャルエステ、脱毛、水素バーが同時に使えるコラーゲンマシンもご案内中です。

さてさてみなさま

夏バテ

大丈夫ですか?

今回は

【豊明近くのエステがお伝えする、夏バテ対策!】

についてです!

夏バテで元気が出ないかたの、少しでもお助けになれればと思います。

 

【豊明近くのエステがお伝えする、夏バテ対策!夏バテとは?】

夏はアウトドアでのレジャーや、お祭りなど、楽しいこともイロイロ、たくさんありますよね。

ところがそんなワクワクとは裏腹に

・アタマやカラダが重い〜

・カラダがダルイ〜

・食欲がない〜

なんてゆうことございませんか?

ここ近年の「高気温」、日本の夏の「高温多湿」とゆう環境、クーラーと外気温の気温差、、、、

そんな中で

カラダの働きが正常に機能しなくなって起こる体調不良のこと

を、総じて「夏バテ」と呼びます。

 

【豊明近くのエステがお伝えする、夏バテ対策!本来は、、、、】

私たちは暑さを感じると、まず汗をかくことで体温を下げるよう調節します。

ですが、大量の汗をかく際には、大切なナトリウムなどのミネラル類の栄養素も水分と一緒に排出してしまいます。

それらが不足すると眠気やフラフラ感につながったり。

摂取過多もよくはありませんが、足りないとむくみやすくなったり、とゆうことも。

また、汗をかくのは自律神経の働きによるもの。

屋外と室内の気温差、湿度差を繰り返し感じると、本来スムーズに行われるはずである自律神経の

交感神経副交感神経

の切り替えがうまくいかなくなってしまいます。

汗をかくように働くのが交感神経。

汗を書かないように働くのが副交感神経です。

むつかしいようですが、要は自律神経のバランスの乱れで、体温調節がうまくいかなくなってしまうとゆうことです。

また、自律神経は

・胃腸障害

・睡眠障害

・頭痛やめまい

にも影響をおよぼすため

食欲がなくなったり、疲れがとれない、だるい

といった夏バテ症状にもつながってしまうんです。

それとは別に、熱帯夜によって寝つきが悪くなったりでの睡眠不足から、疲労回復ができずに疲れが溜まってしまうとゆう夏バテの原因も考えられます。

 

【豊明近くのエステがお伝えする、夏バテ対策!気をつけたいポイント!】

では、どうすればいいのでしょうか?

予防できるなら気をつけたい!

夏バテの対策ポイントをいくつかご紹介します!

1・あたりまえですが、、、お水を飲みましょう汗をかくデトックスはもちろん大切ですが、出しっぱなしはよくありません。

お水は、しっかりと摂りましょう。

カラダを冷やさないような温度のものが理想です。

2・室内での過ごし方に気をつける室内と外の温度差が5℃以上あると、自律神経は乱れやすくなります。

エアコンは温度を上げ下げして、効きすぎず適温に調節しましょう。

お店など出先では寒い場合がしょっちゅうです。

そんなときは一枚上着を羽織ったりして、体温の調節をしましょう。

3・ぐっすり眠ってその日のうちに疲れを取るまずは疲れを溜めないことが夏バテの一番の予防になります。

なるべく早めの就寝を。

寝る1時間前くらいにお風呂に入ってゆっくりとつかり、リラックス。

暑くて寝苦しいときは頭や首を少し冷やすと、寝付きやすくなるので、より深い眠りにつけますよ。

眠りやすいように睡眠の環境を整えることが大切ですね。

ぐっすりと眠りってその日の疲れをその日のうちに取り除きましょう。

4・栄養のある食品を食べる食欲がへりがちな暑い時期は、量よりも質のお食事をとりましょう。

とくにうなぎや豚肉は、疲労回復に良いビタミン類のバランスが良く、パワーもつく、夏バテ回復向きの食材です。

うなぎもですが、山芋やオクラなどのネバネバ成分も、疲労回復に良いものです。

汗と一緒にミネラル類も排出されてしまいますので、緑黄色野菜やナッツ類もとれると良いですね。

ニラやトマトはビタミンAをはじめB1、C、カルシウム、ミネラル類などもたっぷりのお野菜で夏バテ予防におすすめです。

食欲がないときは、食欲増進効果のある辛いものや香りのあるもの、酸味のあるものなど、お好みで何か一つプラスしてみましょう。ネギやミョウガ、カレー粉、唐辛子やレモン、香辛料、などなど。

味付けをちょいと工夫して、良質なたんぱく質と高ビタミンの食材をとり入れていけるといいですね〜。

 

続きはコチラ・その2→→

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事